読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドカリのつぎの貝殻を探す旅

目指せ貝殻マスター

「他人の暇な時間をいただく」というのは、なんともおこがましい

こんにちは、ヤドカリです

最近は、日常でも暇さえあればこのブログのことを考えています

「今日はこんなテーマの記事を書こう」とか、「この記事は1日で書き上げられるものじゃないから、少しずつ書いていこう」とか

今日は、ターゲットとする読者層を考えることに重きを置いているため、「自分のブログってどんなときに読んでもらいたいのかなぁ」なんてことを考えていました

そしていろいろ考え、1番は暇つぶしをしたいときだろうという結論に至りました

暇なときに、「そういやヤドカリのやつ、どんな記事を更新したんだろう」くらいの気持ちで読んでもらえるのが究極的な目標ですね

「暇つぶし」って一言に言ってしまうと軽く聞こえますが、暇つぶしの時間をいただくのって、非常に難しく、おこがましいことだと思うんですよ


○「暇つぶし」をターゲットにするものの多さ
テレビ、ゲーム、インターネットなど、今は暇つぶしに適したものがたくさんあります

特にソシャゲ!

今は、スマホでゲームをやり、スタミナが切れたら別のゲームをやりを繰り返し、やっとすべてのゲームが終わったと思ったら、最初のゲームのスタミナが貯まり、なんてこともあります。自分で言っていて耳が痛い

そういったものを差し置いて、僕のブログを読んでもらうためには、それらに打ち勝つほど価値あるブログにしなければなりません

タメになる記事、面白い記事、考えてもらえるような記事などを量産していく必要があります

ガチろうとするとあまりにもハードルが高いけど、暇つぶしに読んでもらうためにもある程度の価値は必要ってことを忘れないようにしなくてはいけません


○「暇な時間」の重要性
話が少しそれますが、そもそも暇な時間って軽視されすぎだと思うんですよ

誰かと予定を組むときに、スケジュールを確認し合い、「あ、その時間俺も空いてる。そこにしよう!」とか相手に勝手に決められて、渋々了解するけど不満たらたら、なんてときがあります

たしかに、その時間は空いている

でも、この時間に僕は買い物に行ったり、アニメを観たり、寝たりいろいろしたいんだ

第三者から見たら、たしかに暇な時間に見えるかもしれない

なんだったら、時間の無駄遣いだと思われるかもしれない

でも、その時間は僕にとっては非常に重要なんだ

その時間は、僕の心身ともに休養し、英気を養うための時間であり、それがないと僕のバランスは崩れるんだ!

なんてことを考えていますが、これを口にすると駄々をこねているようなので、実際に口にしたことはありません

でも、暇な時間って、心に余裕を持つためには相当重要なものだと思うんですよ

 

そんな時間に読んでもらえるようなブログにしたいと考えるのは、やっぱりおこがましい

けど、それが目標