読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤドカリのつぎの貝殻を探す旅

目指せ貝殻マスター

【雑記】どうしてみんな、自撮りができるんだ?

どうも、ヤドカリですよ

ちょっと自分には理解できない文化があるんですよ

それが、自撮り

スマホになんでインカメがあるか分からない

写真を撮ろうと思ったときに、誤ってインカメに切り替えてしまい、自分の顔が映ってしまった日には、「うわーーー、誰だこいつ!!!」ってなる

鏡に映るときって無意識に決め顔してるんだろうね

その顔をいつもの顔だと認識している自分にとって、不意の顔は見るに耐えない


〇ていうか、なんでみんな自分の顔を撮ろうと思うんだよ
disってる訳じゃない

ほんっとうに心の底からの疑問

なんで、自分の顔を写真に写そうと思うの?

街に出ると、友人同士やカップルで、一緒に写真を自撮りしている光景を目にする

それを見る度に、「うわ、この人たち自分の顔を撮るのが平気なんだ」と驚いていた

でも、LINEのプロフィール画像を見ると、結構自分の顔を載せていると人がいる(僕は看板の写真)

果ては、Twitterなんかに自分の写真を載せている人もいる

なんでそんなことができるんだ

自分の顔を直視するのが怖くないのか?

僕にとっては、自撮りできる人たちはもう僕より人間の段階が1つ上

サイヤ人ニュータイプかなんかだろ


〇フツメンです。多分
僕は多分、フツメン

以前、女の子に「うーん、ヤドカリくんはイケメンではないかなー」と判定されていたのを偶然聞いてしまった。ブサイクと言われないだけ嬉しかったです

そういう美醜に関わることより、年の割に童顔と言われることの方が多い

周りより年齢の上の大学生という境遇を考えると、顔で浮くことはなくて助かる

ただ、店によっては20歳を超えてないか確認されるのは不便。4つも超えてるわ

だから、「率先して写真に写りたがることはしなくとも、そこまで避けるほどのことでもない」くらいのスタンスが、本来はちょうど良いのだと思う

そうは冷静に考えても、やはり写真に写ることに抵抗は強い

スマホの写真フォルダには、友人の写真はあっても自分の写真はない。誰のスマホだよ


〇自意識過剰が原因
おそらく僕は、相当な自意識過剰

イケメンでもないのに、写真に写りたがる自分が許せない

リア充空間のスタバに入る自分が許せない

オシャレに気を遣いすぎる自分が許せない

そんな自分と何年も付き合ってきたけど、最近、さすがに疲れた。自意識過剰とサヨナラしたい

良いじゃん、楽しく写真を撮ったって。思い出になるよ

スタバで「グランデで」なんて頼んでみても、良いじゃん

オシャレにも気を遣おう。オシャレであると同時に、身だしなみなんだから

僕のことばかりにみんなが注目してる訳は無いんだから


〇番外編:セルカ棒の許せない使い方
僕に撮ってセルカ棒は強敵

荷物を増やしてまで自撮りをするってなんだ?

でも、そんなのは人それぞれなんだろうなー、と思っていたのだが、昨年、球場にプロ野球を観に行ったときに許せないセルカ棒の使い方をしている人がいた

その人は、自撮りのためではなく、ステージ上の選手を上手く撮りたいがために、セルカ棒を使ってスマホを高く掲げていた

そのせいで、後ろにいた人たちは、選手を見たいのにそのセルカ棒が視界をウロチョロするというなんとも煩わしい状況となってしまった

本当、こういう使い方はやめてくれ

球場というか、レジャー施設はしっかりこういうのをやめさせるルールを整備してくれ